損害保険の種類と特徴

※損害保険の基本的な概要について記載しています。

損害保険とは、一言で説明すると「予想外の損害に対し補償をする」保険のことを指します。私たちは生きていく上で、全く予想していない突然の災害に見舞われることがあります。例えば、交通事故、火災、風水害、ケガなどが挙げられます。これら突如起きてしまう損害にかかる費用は、損害の種類にもよりますが予測することが出来ません。

リスクプランニングを考慮しましょう

リスク、すなわち「危機」を予測し、それらに対抗する手段を計画しておくことは損害にかかる費用を填補(てんぽ)すると同時に、生命の危機回避にも繋がる重要なファクターです。気をつけていても起きてしまう事故。いくら貯蓄があるといっても限度があります。

そこで効果を発揮するのが損害保険です。しかし、損害保険は入れば良いというものではありません。例えば交通事故の場合、運転者の年齢や補償対象とする事故の内容、付帯するサービス、実際にかかる保険費用、それら全てを考慮した上で最適な保険商品を選択する必要があります。

コンサルティングの必要性

もちろん、補償条件の選択は自ら行うことも出来ます。しかし、数えきれないほどの保険商品の中から最適なものを選択することは容易ではありません。私たちクローバー保険事務所は、お客様の資産運用やリスクプランニングについて一緒に考え、将来起こる(かも知れない)損害への対策となる最適な解決方法をご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください!

損害保険は複雑です。まずはお電話、またはファクスにてご相談ください。簡単にご相談いただけるお問い合わせフォームも設置しております。また、資料請求のページから各保険会社の資料送付も行っております。ご希望の保険商品をお選びいただき必要事項をご記入ください。後日、弊社スタッフよりお電話にて最適な保険商品をご提案させていただきます。

※損害保険の分野についての簡単な説明です。

損害保険は大きく分けると「ノンマリン分野」の保険と、「マリン分野」の保険に分類されます。マリン分野の保険は名前のとおり「海上で起きた事故、または損害」に対し填補する保険で、ノンマリン分野の保険はマリン分野とは逆の、海上以外の場所で起きた事故、または損害に対し填補する保険です。

損害保険の分類

損害保険は以下のように分類されています。

ノンマリン分野の保険
自動車保険(強制、または任意)
火災保険(火災、利益・費用)
傷害保険(傷害、利益・費用)
新種保険(新種、航空)
積立保険(積立、財形)
マリン分野の保険
海上保険(船舶、貨物)

目的に応じた保険商品の選定

数え切れないほどの保険商品の中から、目的に合ったものを見つけましょう。例えば、海外旅行に出掛ける時は、レジャー用の保険である「海外旅行傷害保険」、天変地異による災害に対する保険では「地震保険、住宅火災保険」など、必要十分条件で、且つお客様の資産運用に見合った保険商品を選択する必要があります。

以下目的別の保険を掲載します。

住宅/日常生活
住宅火災保険、団地保険、地震保険
自動車保険
任意保険、自賠責保険、ドライバー保険
身体に関する保険
普通傷害保険、医療費用保険、所得補償保険
積立保険(貯蓄型保険)
積立火災保険、積立傷害保険、財形貯蓄傷害保険
老後、年金
介護費用保険、年金払積立傷害保険
レジャー
海外旅行傷害保険、ゴルファー保険
AIGの海外旅行保険
即日発効可能なAIGの海外旅行保険お申し込みページへ