生命保険の種類と特徴

※生命保険の基本的な概要について記載しています。

生命保険とは、文字通り生命すなわち「人に掛ける保険」のことです。私たちの生活は常に安全に保たれているわけではありません。例えば家族の死亡や病気、ケガなど将来起こりうる金額面でのリスクに対する備えは常に意識する必要があります。

しかし、死亡した場合の家族への生活費や、大きな病気をした際にかかる医療費等を貯蓄で賄おうとしても、余程の金額を用意していない限り難しい問題でもあります。

そこで、このような生活のリスクに対する備えの一つとして生命保険の存在があります。

生命保険の存在意義

生命保険を説明する際、よく使われる言葉に「貯蓄は三角、保険は四角」というものがあります。下図において、貯蓄と保険との違いを分かり易く図示しました。

貯蓄は三角

貯蓄では、積み立てられた貯蓄額、すなわち元本と、それに伴った利息を合わせた金額の合計が、支払うことのできる金額になります。

貯蓄は三角

保険は四角

生命保険は支払った金額に関係なく、保証の対象に対して保険額を受け取ることができます。そのため、いつ起こるか分からないリスクを考慮した資産形成を考える必要はありません。

保険は四角

家族を守る生命保険

例えば家族を残して死亡した場合、残った家族の教育費や結婚費用、または住宅ローンの返済等にも生命保険は使われます。そのため、生命保険はあなたのためだけではなく、家族のためのものでもあるのです。

いつ起こるか分からないリスクに対する備えとして生命保険は大きな効力を発揮します。

※生命保険の分野についての簡単な説明です。

生命保険には大きく分けて3つの保険があります。それぞれの特徴を把握することで、あなたに必要な保険を知ることができます。

死亡保険

死亡、または高度障害状態になった場合に保険金が支払われます。その中でも、一生涯の保障をするのが終身保険、保険期間を定めているものが定期保険、2つを組み合わせたものが定期付終身保険です。

生存保険

契約してから満期までに生存していた場合のみ保険金が支払われます。年金保険やこども保険も生存保険の内の一つです。

ただし、実際に販売されているものは死亡した際にも給付金が受け取れるようになっています。

生死混合保険

死亡保険と生存保険とを組み合わせたものが、生死混合保険です。

保険期間の途中で死亡、または高度障害になった場合や、満期まで生存していた場合に保険金が支払われます。